金の星社の絵本 / 絵本単行本

ちいさなきいろいかさ

ISBN978-4-323-00214-9
もりひさし シナリオ/にしまきかやこ イラスト
定価(本体1,100円+税)
B5判/32ページ/1971年2月発行
幼児
自然/季節女の子絵本
全国学校図書館協議会選定/日本図書館協会選定/厚生省中央児童福祉審議会推薦/第18回サンケイ児童出版文化賞/第4回世界絵本原画展招待作品
ちいさなきいろいかさ
ちいさなきいろいかさ サブイラスト ちいさなかさ!きいろいかさ!ばくさんも、きりんさんもはいったふしぎなかさ!大好きな黄色のかさを買ってもらって、はじめてひとりで散歩にでかけた女の子の、新鮮な感動をさわやかに描きます。

カートに入れる

ネット書店はこちら

▼書評
新聞・雑誌名 掲載号・掲載コーナー コメントなど
絵本だいすき! こんなかさがほしいよね
(落合恵子)

▼みんなの声
「ちいさなきいろいかさ」の感想

これから梅雨の時期になり内あそびが多くなりますので本が大好きな孫が選んだ本です。表紙のかさの絵が気に入って購入しました。毎晩ジイジに読んでもらっています。楽しい本ですね!!優しい気持ちになります。本を読んでもらっている間は、何故かニコニコ笑っています。

京都府/59歳/女性
「ちいさなきいろいかさ」の感想

3才になる娘がかさが大きくなったり長くなったり高くなったりするのを見て「あっまたかさがりがうね!!」とくぎづけになり読んでいる私に話しかけてきます。楽しくよませていただいています。

兵庫県/3歳/女児
「ちいさなきいろいかさ」の感想

きいろいかさを買ってほしいとせがまれています。子供が大好きで覚えるくらい読みました。

「ちいさなきいろいかさ」の感想

かわいらしくやさしいタッチの絵や、自分の傘にみんなを入れてあげるやさしい気持ちなど、感じてくれたらいいと思います。

「ちいさなきいろいかさ」の感想

シンプルな画と、読む者が皆「なっちゃん」になって楽しい時をともに味わうことができる文が素敵でした。

「ちいさなきいろいかさ」の感想

今から30数年前私が小さかった時父が買ってきてくれた思い出の本です。転勤が多くこの本を紛失してしまいずっと探していてやっと手に入れました。この本の女の子の名前が今の娘“なっちゃん”です。

「ちいさなきいろいかさ」の感想

3才の娘はストーリーを楽しみ、1才の妹はでてくる動物たちを指さして「コレ、ナーニ?」で二人共喜んでいました。

「ちいさなきいろいかさ」の感想

やさしい色づかいで気に入りました。大好きな動物がたくさん登場する事と自分と同じぐらいの女の子が主人公なのでとても嬉しい様です。


【 検索トップホーム 】