会社案内

会社案内

童謡童話雑誌『金の船』

大正8年11月に設立された、業界で最も長い歴史を持つ子どもの本の専門出版社です。
童謡童話雑誌『金の船』(のちに改題『金の星』)は創業と同時に刊行され、初代編集長の野口雨情をはじめ、島崎藤村・有島生馬・若山牧水・中山晋平・本居長世・沖野岩三郎・岡本歸一・寺内萬治郎といった児童文化のそうそうたる先人達と共に、日本の近代的児童文化の成立をリードしました。
子どもたちの心を豊かにし、その成長の糧となる良書の出版と普及をという創業以来の基本姿勢は今日も力強く引き継ぎ、児童図書出版界の本流を歩み続けています。特に、平和の大切さ、自然の豊かさをテーマにした作品や、現代の様ざまな社会問題と、その中で悩み成長していく子どもたちの生活と姿を描く国内外の多様な児童文学群は、読者の大きな支持を得ています。

  • 会社案内 ダウンロード

    株式会社金の星社の会社案内はこちらからダウンロードしてご利用いただけます。
    <2014年6月27日現在>
    (A4サイズ・全5ページ)

会社概要

会社名
株式会社金の星社
住所
〒111-0056
東京都台東区小島1-4-3
電話
03-3861-1861(代表)
Fax
03-3861-1507
社長
斎藤健司
社員数
35名
創立
1919年11月1日
資本金
2500万円
URL
http://www.kinnohoshi.co.jp/
主要取引先
(株)トーハン、日本出版販売(株)
仕入先
北越紀州販売(株)、東京美術紙工、(株)廣済堂、図書印刷(株) 他
取引銀行
三井住友銀行 他
地域貢献活動

鳥越祭やハロウィン祭など、台東区小島周辺のイベントに参加しています。
採用情報
採用情報ページにてご確認ください。

アクセスマップ