野生動物被害から考える環境破壊 今、動物たちに何が起きているのか

人里に現れるクマ

三浦慎悟 監修

小学校高学年から

判型(サイズ)
A4変型判
ページ数
40ページ
初版
2012年2月
ISBN
978-4-323-06161-0
ジャンル
調べ学習

定価3,520円 (本体3,200円+税)現在品切中

ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス
  • ヨドバシカメラ

人と動物の共存から環境について考えるシリーズ

クマによるトラブルが増えている?/クマはどんな問題を起こしているの?/日本にはどんなクマがいるの?/クマはどんな動物なの?〔クマの一生/クマの一年/クマのひみつ/クマの食べ物〕/クマが人里に現れた!〔クマが人里に現れると、どうして困るの?/どうしてクマは、人里に現れるようになったの?〕/<トピックス>里山って何? 里山は、人と野生動物の境界地帯/クマと人間の知恵くらべ/<トピックス>捕獲と狩猟 人間によって殺されるクマ/クマから身を守る方法/クマと人が共存するために

関連商品

書評

  • 産経新聞 13面読書面「児童書」コーナー 2012年4月27日

    人間が知っておくべき知識