さくら 〜原発被災地にのこされた犬たち〜

馬場国敏 作/江頭路子

小学校高学年

判型(サイズ)
19.4×15.2cm
ページ数
64ページ
初版
2011年12月
ISBN
978-4-323-07241-8

定価1,404円 (本体1,300円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング

「さくら、すぐに戻ってくるからね」
1週間たち、10日たち、つながれたくさりを切ったその日から、しば犬・さくらの苦難の日々が始まった。
原発被災地にとりのこされた犬たちのいま――。

福島原発の避難地域に住むひとみちゃん一家。2、3日で家に戻れるつもりで始まった避難生活は長期におよび、取りのこされた愛犬さくらの過酷な日々が始まる。実際に動物救護活動を行う獣医師の体験を元に作った物語。

書評

  • 朝日新聞 2012年4月28日

    残されたペット 何思う 原発被災地、獣医師が児童書

  • 産経新聞神奈川版 「被災地を思う」コーナー 2012年3月19日

    警戒区域のペット救助「最後の1匹まで」命守る

  • 読売新聞 23面「くらし」面 2012年3月14日

    被災ペットの現状伝えたい
    川崎の獣医師、児童書刊行

  • 毎日新聞 11面「BOOK WATCHING」コーナー 2012年3月7日

    被災地で動物救護活動を行う獣医が心を込めて書いた本

  • 朝日新聞夕刊 11面 2012年1月27日

    福島の犬 忘れない