動物たちの命の物語

命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩

今西乃子 著/浜田一男 写真/特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 取材協力

小学校高学年から

判型(サイズ)
A5判
ページ数
158ページ
初版
2015年4月
ISBN
978-4-323-06089-7
ジャンル
読み物

定価1,430円 (本体1,300円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス

「この子犬を災害救助犬候補として連れて帰る!」
小さないのちへの緊急支援は やがて大きな人道支援へ
殺処分寸前で救い出され、広島土砂災害の現場で活動した災害救助犬「夢之丞(ゆめのすけ)」 一度は人間に見捨てられた命の可能性を追うノンフィクション

動物愛護センターで殺処分寸前に救い出され、広島土砂災害で災害救助犬としての第一歩を踏み出した夢之丞(ゆめのすけ)。夢之丞を通して過酷な災害救助現場で活躍し注目される災害救助犬と「命の可能性」を探るノンフィクション。

関連商品

読者の声

  • 「命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩」の感想

    捨てられていた夢之丞は、色んな危険な場所にもたちむかっていく姿に感動しました。「頑張れ夢之丞」とエールを送りたいです。

    (主婦・60歳)

  • 「命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩」の感想

    殺処分寸前に救われた夢之丞と新米トレーナーの地道かつ長期的な訓練で災害救助犬となっていくところに心をひかれました。人間の勝手な都合で処分されていくことも考え直さなければと考えます。

    (会社員・44歳)

  • 「命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩」の感想

    私もゆめのすけと同じ神石高原町に住んでいます。何度も本やテレビで映し出されてる事にすごく感動しました。近くにいるのでゆめちゃんに一度会ってみたいのが私の夢ですが…。又ここまで犬を育て上げた人達の苦労にも胸を打たれました。心なく冷たい人間もいれば、こうやって不幸の犬を一生懸命暖かく見守っている人もいることにすごくうれしく思います。この人達に犬達にエールをおります。

    (主婦・62歳)