大人になっても忘れたくない いもとようこ世界の名作絵本

スーフと白い馬

モンゴル民話よりいもとようこ 文絵

幼児から 一般

判型(サイズ)
28.6×28.6cm
ページ数
40ページ
初版
2012年4月
ISBN
978-4-323-07244-9
ジャンル
絵本

定価1,650円 (本体1,500円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス

モンゴルの楽器・馬頭琴が馬の形をしているのには こんな哀しい話があるのです
40年以上愛されている哀しく美しいモンゴル民話 いもとようこが魂をこめて贈る物語

昔、モンゴルにスーフという貧しい羊飼いがいました。白い仔馬を拾ったスーフは、妹か弟のようにかわいがり大切に育てます。しかし馬とともに出場した競馬大会で、約束を違えた王にスーフは傷つけられ、馬は命を奪われてしまいます。哀しみにくれるスーフの夢の中で、白い馬は自分の体で楽器を作ってほしいと懇願するのでした。スーフと白い馬の絆が生んだ楽器・馬頭琴は、今日も大草原に生きる人々、動物たちを癒す音色を奏でつづけています。

関連商品

読者の声

  • 「スーフと白い馬」の感想

    やさしいお話で、この絵本を読んでいると涙声になりモンゴルの少年に涙で涙で共感してます。

    (主婦・51歳)