大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本

きつねとぶどう

坪田譲治 作/いもとようこ

幼児から 一般

判型(サイズ)
31.0×22.9cm
ページ数
32ページ
初版
2005年9月
ISBN
978-4-323-03890-2
ジャンル
読み物

定価1,540円 (本体1,400円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス
  • ヨドバシカメラ
子ぎつねのため、身を犠牲にした母ぎつねの愛情を描いた作品。

自分の身を犠牲にして、子ぎつねを助けた母ぎつね。やがて、成長した子ぎつねは、母ぎつねの残したぶどうにめぐりあい…。切なくも、親子のかぎりない愛を描いた名作。

<画家から>
大人になっても忘れたくない名作絵本
一度読んだら忘れられない日本の名作童話、浜田廣介・新美南吉・宮沢賢治・坪田譲治に代表される永遠の名作……その中には現代の日本が失くしてしまっている「美しく、やさしい日本の心」が脈々と息づいています。
これらの名作は私にとって「忘れられない…忘れたくない…忘れてはいけない…大切な宝」です。
このすばらしい日本名作を次世代に伝えていきたい一心でこのシリーズに取り組んでいます。(いもとようこ)

関連商品

読者の声

  • 「きつねとぶどう」の感想

    小さいころ私が好きな本でした。娘たちもお気に入りです。母親の愛を子どもにもよく伝わる作品ですね。大人になっても、むしろ母になった今…胸に響きます♡母になったばかりの友人にもプレゼントしようと思います。

    (主婦・36歳)

  • 「きつねとぶどう」の感想

    子供が幼稚園の先生に読んでもらいとても関心して変えてきました。本を注文して読んでみて親の私も感動して泣いてしまいました。金の星社 いもとようこさんのシリーズを少しずつ集めたいと思っています。

    (主婦・45歳)

  • 「きつねとぶどう」の感想

    この本を読んで「ちょっとかなしいなぁ。ママずっと一緒にいようね。」と。まだまだ甘えんぼうなんだけど、かわいい子供と一緒にいっぱい本を読んでいきたいです。

  • 「きつねとぶどう」の感想

    小さな頃、母に読み聞かせをしてもらっていた時この話がありました。小さいながらにあまりにも悲しく少し記憶を閉じこめていました。大人になってからたびたび書店で探していたのですが、タイトルを「ひとふさのぶどう」だと思い込んでいた私は、やっとこの絵本に会えました。今読んでもまた感動で胸がいっぱいになります。涙がぽろぽろ出てきてしまいます。このお話は、この絵本は、私の心と一生の宝物にします。

    (販売業・32歳)

  • 「きつねとぶどう」の感想

    いもとようこさんの絵で名作を子供に読んであげたくて購入しました。よく目にする絵なので子供も喜んでいます。内容はどこまで理解できているのかわかりませんが…一生心に残る本を子供には読ませてあげたいと思ってます。

    (幼稚園・3歳)