はるかぜのたいこ

安房直子 作/葉祥明

幼児から

判型(サイズ)
A4変型判
ページ数
32ページ
初版
1980年11月
ISBN
978-4-323-00242-2
ジャンル
絵本

定価1,296円 (本体1,200円+税)品切(重版未定)

ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス
秋のおわりのある日、野原のくまのお店を訪ねたのは、寒がりうさぎさんでした。くまのもってきた“大だいこ”をドーンとたたくと、ふしぎふしぎ。あたりは一面、春の野原に…。あたたかな春のイメージがふくらむ絵本。

関連商品

書評

  • ダンダン 長く読み継がれている本 2003年8月号

    絵の中から、春の草原の風や、花の香りが感じられてとても素敵。

  • 保育のひろば 絵本紹介 2002年4月号

    子どもたちと太鼓をたたいて、春を呼んでみてください

    岡 信子

読者の声

  • 「はるかぜのたいこ」の感想

    絵もお話にぴったりしていてステキでした。読んでいるこちらの方まであったかい気持ちになりました。

    (主婦・34歳)

  • 「はるかぜのたいこ」の感想

    たいこをたたくと、菜の花畑へ・・・なんていう発想。すばらしいと思います。とても気持ちがあたたかくなりました。

    (33歳)