ハッピーバースデー 命かがやく瞬間

青木和雄吉富多美 作/加藤美紀 画/吉富多美 解説

小学校高学年

判型(サイズ)
19.5×13.5cm
ページ数
254ページ
初版
1997年12月
ISBN
978-4-323-02527-8
ジャンル
読み物

定価1,404円 (本体1,300円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング
多忙でアダルトチルドレンの母の一言から、言葉を失ったあすか。自分は生まれてこないほうがよかったとまで考えたあすかが、祖父母の愛や友の死を経て、自分自身に「ハッピーバースデー」といえるようになるまで。

お知らせ

関連商品

書評

  • 週刊読書人 【書評キャンパス】大学生がススメる本 2017年12月17日

    『ハッピーバースデー 命かがやく瞬間』

  • 朝日新聞 大人に薦める「課題図書」 2003年8月13日号

    ぜひ大人に読んでほしい。

    中2女子

  • 朝日新聞 中高生★ひとりごと 2003年5月25日号

    もっと人の痛みを理解できる人が増えたらいいなと思います。

  • 未来FIRE(ファイル) 好きなトップ10は、この本だ! 2002年11月号

    誕生会のシーンにグッときたよ。

  • Z会エブリスタディ小6 夏休み特別学習 読書案内 2002年8月号

    負けそうになりながらも「自分は自分として生きる」あすかの姿は、みんなの心に強くのこるでしょう。

  • Pretty 2001年10月15日号

    私はどう変っていけるかな?

    さゆり

  • 月刊ポピー 2001年10月号

    とにかく初めから終わりまで、読みはじめたらとまらない。

    めぐ

  • 新世 2001年10月号

    青木先生の作品から。

  • マイコーチ中2・中3 2001年10月号

    あすかのがんばりに、思わず涙。

    365日のテディー

  • エブリスタディ 小6 2001年8月号

    まれてきてよかった。

  • 中−challenge スタイル 2001年7月号

    夢について考える本 第一位。

  • 中−challenge スタイル 2001年7月号

    涙がとまらない!!自分もがんばろうと思った。

    コンタ

  • 高校生新聞 2001年7月・8月号

    ふだん、感動しない私が唯一心を打たれたのがこの本。

    N・E

読者の声

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    ハッピーバースデーを読んで、いじめについて考えさせられた。直接いじめてはいないけど、友達がいじめられっ子に対する態度に腹が立っても見て見ぬふりする自分が嫌いだった。けど、あすかの「おこる時はおこらなきゃ。」という言葉が印象に残った。 これからは私も悪い事を悪いと言える強い心を持ちたい。

    (中学生・13歳・女性)

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    今読み終えて、言葉では表すことができないくらいに胸がいっぱいです。自分の中の何かが変わっていくのがわかります。私は一人ではなかったのです。すばらしい本をありがとうございます。

    (会社員・21歳・男性)

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    私もいじめにあっていたので、あすかの気持ちが良くわかりました。親にはすぐわかってもらえず、担任の先生に相談していました。なので、私がもうダメだってなるまで一人ぼっちでした。私が親になり、子どもが苦しんでいたら助けたい。

    (中学生・14歳・女性)

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    子にすすめられて読みました。自分にもよい勉強になりました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    教育者を目指す者にとして参考になった。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    だれでも気軽にカウンセリングをうける時代がきてほしい。現代社会にとって注目される内容だと思う!!子どもが大きくなったらよませたい。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    いくつかのエピソードがとてもリアルに描写されていて、きれい事だけでまとめていない点が共感できた。読後に問題提起として、子どもたちと話しあってみたい。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    娘に購入したが、娘がお母さんも読んでみたら・・・とすすめられて読みましたが、もう終わりの方は涙を流しながら読み終えました。とても、感動しました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    本が好きになる切っ掛けをつくってくれたのがハッピーバースデーでした。今では毎日本を読むようになりました。すばらしい本をありがとうございました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    家族が皆読ませて頂いて、勇気を力を頂きました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    人の気持ちをちゃんと考えようと思うようになりました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    2001年度学校読書調査「感動したり、印象に残った本」の小中高校生ともにベスト3!

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    2001年度学校読者調査でも上位にランクイン。現在まで「感動した本」「印象に残った本」として読み続けられています。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    今、いじめや虐待が多い中で子どもの気持ちを理解してくれる、大人が減っていると思います。その中で「ハッピーバースデー」や「HELP」を大人が読むことで少年犯罪・いじめ・虐待がなくなると思っています。今、私のクラスでも「ハッピーバースデー」が話題になっています。これからも子どもの心の声を聞いてほしいと思います。 とても感動し、クラスにもって行って今はクラスの図書になってみんなで読んでいます。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    今年の夏にグループ(ガイアシンフォニーやすぎ)で上映会をするので原本をぜひ読んでおこうと思って購入。今朝も新聞に虐待の記事が載っていたり、学校現場でもさまざまな出来事があり悩むことの多い時代です。ハンカチを片手に一気に読みました。一人ひとりがじっくりと考え話し合ったり、行動したりすべき必要性を感じます。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    中三の娘が何度も読み返しています。なぜか読んでいる時無性に涙があふれ出てきました。感動致しました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    ハッピーバースデーに出てくるおじいちゃんの存在がとても大きくて「感情を豊かに表現することは、人を美しく見せるもの」という言葉が特に心に残りました。あと、命の大切さも学びました。これからも勇気と希望がわいてくる作品を書いてください。

    (12歳・女性)

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    読んでいてとてもなかずにはいられませんでした。感動がたくさんありました。友達は「この本、ティッシュどころじゃないよ(?)」と言っていました。何回読んでもあきません!

    (10歳・女性)

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    私が40年間で初めて感動し涙したほんです。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    ?今まで読んだ本の中で一番感動しました。この本は冷めかけていた私の心を、いとも簡単にあたためてくれました。青木さんのおかげで、つまらなく感じていた現実が、あたたかく感じられるようになりました。

  • 「ハッピーバースデー」の感想

    ?「ママと呼ばない。静代さんと呼ぶわ。」といわざるを得ないところまで追い込まれた子どもが、立ち上がっていったのは、やはり人の関わりの中でした。ものに感動しにくくなっている私が、何度も泣かされました。