ばーちゃる

次良丸 忍 作/川上和生 装画

小学校高学年から

判型(サイズ)
四六判
ページ数
175ページ
初版
2022年6月上旬
ISBN
978-4-323-06338-6
ジャンル
読み物

定価1,650円 (本体1,500円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス
  • ヨドバシカメラ

近い将来、起こるかもしれない!?
3D映像を映しだす機械に、在りし日の祖母のデータを入力すると、リアルな姿が現れた。それはやがて心を持つようになり…
バーチャルな世界を見つめ、命の尊厳を問う物語

立体映像を映しだす機械に、亡くなった祖母の日記や写真のデータを充希が入力すると、リアルな祖母の姿が現れた。ばーちゃると呼ばれ、家族の一員となるが、自分の存在意義を考えるようになる。近未来的な奥深い物語。

■□■作者・次良丸忍さんのメッセージ■□■
人は、暗い夜を明るくしたいと明かりを、広い空を自由に飛びたいと飛行機を作りました。足りないものを補うため、持ち前の知恵で願いをかなえてきたのです。そして今、人のように考えるAIが、あちこちに組み込まれる時代になりました。これらも何かを補うために作られたのだとしたら、いったい私たちは何が足りないのでしょう? 頼りになる仲間、心通わせる友だち、それとも意のままに動く家来? 人のような心をもつAIも、作られるかもしれません。その時私たちは、どれほど彼らと、わかりあえるのでしょうか。     <次良丸 忍>

関連商品