大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本

どんぐりと山猫

宮沢賢治 作/いもとようこ

幼児 小学校低学年 小学校中学年 小学校高学年 中学生 高校生 一般

判型(サイズ)
31.0×22.9cm
ページ数
32ページ
初版
2017年6月
ISBN
978-4-323-03893-3

定価1,512円 (本体1,400円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング

大人も子どもも“名作を読もう”
子どものうちに読んでおきたい、大人になっても忘れたくない名作に いもとようこが描き下ろすシリーズ 12年ぶりの新刊――

一郎に裁判するからおいでなさいという手紙が届く。行ってみると山猫を判事に誰が一番えらいかどんぐりが争っていた。一郎はばかでなってないのを一番えらいことにしようと提案する。宮沢賢治不朽の名作を絵本化。

関連商品

読者の声

  • 「どんぐりと山猫」の感想

    宮沢賢治の物語はこの年齢になっても不思議というか異次元というか理解に苦しむのです。不条理、理不尽みたいな感じもあり、どんな話もややモヤモヤが残ります。「大人になっても~」シリーズはいもとようこさんの絵で“画集”というとらえ方もできたり、注釈もついていて分かりやすく読めたり、私のモヤモヤを解消してくれます。

    (幼稚園教諭・42歳)