大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本

てぶくろをかいに

新美南吉 作/いもとようこ

幼児から 一般

判型(サイズ)
31.0×22.9cm
ページ数
32ページ
初版
2005年7月
ISBN
978-4-323-03887-2
ジャンル
読み物

定価1,540円 (本体1,400円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス
いもとようこのセレクト&イラストで贈る大人になっても忘れたくない珠玉の名作絵本!

きつねの親子と人間の心の交流を描いた名作!

子ぎつねに手袋を買いたい母さんぎつねは、人間が怖くて町へ行けません。そこで、子ぎつねの手を人間の手に変えて一人で町へ行かせますが…。動物と人間の温かい愛で包まれた物語。

<画家から>
大人になっても忘れたくない名作絵本
一度読んだら忘れられない日本の名作童話、浜田廣介・新美南吉・宮沢賢治・坪田譲治に代表される永遠の名作……その中には現代の日本が失くしてしまっている「美しく、やさしい日本の心」が脈々と息づいています。
これらの名作は私にとって「忘れられない…忘れたくない…忘れてはいけない…大切な宝」です。
このすばらしい日本名作を次世代に伝えていきたい一心でこのシリーズに取り組んでいます。(いもとようこ)

関連商品

読者の声

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    子ぎつねの無邪気さについ頬が緩みました。反面、もし手袋を売ってくれた人が心ない人だったら、と心配にもなりました。子どもの時に読んでいた時とは違う視点に私自身驚き、そして母娘一緒に楽しめました。世代を超えて永く愛される理由が分かりました。

    (会社員・23歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    自分が子どもの頃読んでもらった事を思い出し、子どもにと購入させて頂きました。あたたかく優しくわかりやすくなっているので、改めて、いい本だなあと。新美南吉さんのことも書かれておりよかったです。

    (専業主婦・46歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    子供の通う学習塾の読書(課題図書)の授業のために購入しました。私自身子供の頃に読んだ事があるのを子供に読み聞かせながら思い出し、当時はきっと感じていなかったであろう、母の気持ちに深く入り込んで読んでいました。子供は子ぎつねの気持ちが自分の事の様に感じていた様でした。読み終わった時とてもやさしい気持ちになりました。

    (主婦・38歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    わたしは子ぎつねが1人でてぶくろをかいにいくところがえらいと思いました。わたしは、この本をかってもらってよんだらとてもいい本だなと思いました。

    (小3)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    小学生の頃、教科書で読んだ事を覚えていますが「ごんぎつね」と混ざっていてあやふやでした。子ぎつねのかわいらしさや母ぎつねの母性、他あったかいものを感じました。また言葉選びも独特で新鮮でした。最近は“寝る前に読む365話”というようなものを中心に読んでいましたが、単行本って素敵だなと思いました。

    (34歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    子供の頃に何度も読んで、心に残っている作品でした。なつかしさと、自分の子にも読み聞かせてやりたいという思いで購入しました。お話の筋は勿論いもとようこさんの絵が、色使いも表情も柔らかで特に子供の頃は子ぎつねのかわいらしさばかりに目がいきましたが、母となった今では母ぎつねの表情と心の動きに感じるものがありました。

    (会社員・35歳・女性)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    子供の読みきかせ目的で、購入しましたが大人になって母となり、もう一度“名作”と言われる作品を読むにつけ、改めてその作品のよさを再発見しています。子供達が大きくなって母となった時、同じように読みきかせしてくれたらいいと思います。

    (主婦・36歳・女性)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    私も小さい頃に読んだ思い出があり子供にプレゼントしました。今も読んでホットな気持ちになりました。

    (会社員・36歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    「てぶくろをかいに」はいろいろ作家から出ていて、いつかは買おうと思っていました。いもとようこさんの絵は子供も好きなので決めました。

    (会社員・45歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    私が子供のころ読んだのを思い出し、息子が成長したら読んであげたいとずっと思っていました。とてもステキなお話とやさしいイラストが親子で大好きです。読みながらも読んだ後も会話がふくらむ一冊です。

    (主婦・40歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    自分の子育てを振り返って、もっとやってあげれば良かったと思うこと2点。もっと抱っこしてあげれば良かった!もっと本を読んであげれば良かった!その時はやったつもりでしたが。孫の誕生日には“本”を贈り続けようと思います。この本は図書館で借りてきて孫がとても気に入りわざわざ本屋に注文しました。

    (会社員・60歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    子ぎつねのむじゃきな顔がとてもかわいかったです。どうして母ぎつねはひとりで子ぎつねをおつかいに行かせるのか、人間の私には不思議でしたが、それが動物社会なのでしょうか…。母ぎつねと子ぎつねが2人揃って山に帰っていったとき、本当に心がほっと温かくなりました。

    (会社員・48歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    こころのやさしい絵本です。マゴに言われまして買って上げたのですが枕元でよんでいてとてもよく出来たものがたりでした。孫も大変うれしく何度も読んでいます。

    (8歳・女性)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    いもとようこさんの絵で名作を子供に読んであげたくて購入しました。よく目にする絵なので子供も喜んでいます。内容はどこまで理解できているのかわかりませんが…一生心に残る本を子供には読ませてあげたいと思ってます。

    (幼稚園・3歳)

  • 「てぶくろをかいに」の感想

    小学生の時に読んだ時は子供ぎつねの目線で物語を受けとめていましたが、子を持つ今になると母ぎつねの気持ちがとても伝わり改めて感動しました。

    (主婦・33歳)