どこからきたの? おべんとう

鈴木まもる 作・絵

幼児から

判型(サイズ)
23.6×24.5cm
ページ数
32ページ
初版
2020年5月
ISBN
978-4-323-02469-1
ジャンル
絵本

定価1,430円 (本体1,300円+税)在庫あり

カートにいれる ネット書店で購入

ネット書店で購入

下記のネット通販専門店でご購入いただけます。

  • amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • honto
  • honya club
  • 楽天ブックス
  • ヨドバシカメラ

農家さん、漁師さん、配達員さん、スーパーの店員さん、お母さん…
みんなの愛情、い~っぱい詰まってる!

おべんとうには卵焼き、アジフライ、ポテトサラダなど、おいしいものがいっぱい! でも、どこから来て、どうやって食べられるようになったのかな。食材の生産現場、流通過程、調理の仕方もわかるユニークな食育絵本。

おべんとうの中身は、どこからどのようにやってくるのでしょうか?
ひとつのおべんとうから、世界のつながりが見えてくる。
遊び心たっぷりの絵で、何度読み返しても楽しめること間違いなし!

【著者:鈴木まもるさんメッセージ】
アジフライは海で泳いでいるわけはないし、卵焼きも野原を歩いているわけではありません。
いろいろな所から、いろいろな人の力で運ばれてくるのです。いつも食べている物が、
どこから来て、どうやって食べられるようになるのか調べるのは楽しいことでした。
 食べ物だけではありません。自分のまわりの、いろいろな物も、いろいろな所からやってきます。
みんなの力で自分は元気に生きているのだと思います。
 この絵本も同じ、いろいろな人に届いて、元気に生きる力になることを願っています。
                           〈作者 鈴木まもる〉


お知らせ

関連商品

読者の声

  • 「どこからきたの?おべんとう」の感想

    こんな絵本を待っていました! 親子料理教室を主催し食育指導をしております。 食べる物がどんな物語を経て目の前に辿り着いたのかを子どもに伝えることこそ、大切だと考えていたので、まさにこの絵本は最適で素晴らしいと思いました。 また親子料理教室では3歳過ぎの子どもから「この野菜はどこから来たの?」などと質問されることがありました。知識を求める子どもたちに、鈴木まもるさんのわかりやく親しみのある絵で伝えることができるのは、とても嬉しいです。お弁当のおかずの品数が多く、少し複雑な気もしますが‥輸入についても学べて素晴らしいですね。 すてきな本を、ありがとうございました!

    (女性)

  • 「どこからきたの?おべんとう」の感想

    鈴木まもるさんの本はいくつか持っているので、書店で絵を見てすぐにあっ、と気になり手にしました。内容もちょうど1年生の娘にぴったりな感じで、分かりやすく、しかもお弁当の中身のお話だったため、これまたビンゴで、食についても、生産についても、ちょうどいい程度に描いてあるので、読んだ後に子どもが次にこれはどぉかなぁ、どこから来たのかなぁと考える事が出来たりして、次に繋げやすい絵本で、読み聞かせても良かったですし、子どもも分かりやすいと太鼓判でした。最後のおまけ、この絵本はどこから来たのにも子ども心をくすぐるしかけ?があってとっても嬉しい気持ちになりました。これからもたのしみにしています。

    (主婦・37歳・女性)